アパートで光回線を契約したい!大家に確認が必要?

アパートでインターネットを始める場合に、自身の部屋への回線敷設工事が必要となります。この場合、アパートの大家には事前に連絡をすることをオススメします。

共用部分から自室への工事自体は簡単な作業なのですが、工事の都合上、外壁に穴をあけたりといった思わぬ事をする可能性があります。

後々の連絡ですと大家と余計なトラブルに発展してしまうことも考えられますので、事前にに断っておくことをオススメします。

参考➡【工事不要】インターネット※1番おすすめモバイルwifiルーター

アパートの固定回線のインターネットの契約方法

インターネットを利用するためには、インターネット回線の導入とプロバイダー契約が必要になります。インターネット回線の導入にあたっては、インターネット回線事業者による工事が必要です。

インターネット回線事業者には「NTT東(西)日本」や「KDDI」、「CATV」、「電力会社」等があり、それぞれ自分で選ぶことができます。
プロバイダーとは、敷設したインターネット回線を使用するためのIDやパスワードを管理している会社で、「OCN」や「So-net」、「Biglobe」等があります。
このようにインターネット回線の敷設とプロバイダー契約を行うことでインターネットを利用することができるようになります。一部のインターネット回線事業者では、プロバイダーも兼ねているという会社もありその場合はプロバイダーと個別に契約を結ぶ必要はありません。

アパートでのインターネットの契約方法は「インターネット完備」「インターネット対応」によって異なります。
まず、インターネット完備の場合、入居時に既にインターネット契約がされており、自身でプロバイダーと新たに契約する必要はありません。ですので、特に契約手続きは不要となります。

次に、インターネット対応の場合ですが、この場合は、インターネットの回線がアパート共有部分まで敷設されている状態ですので、そこから自身の部屋まで回線を敷設しなければなりません。

その為には導入されている回線の回線事業者に工事を依頼し、自身の部屋まで回線を引く作業が必要になります。回線を自身の部屋まで引いた上で、プロバイダーを探して契約する必要があります。

インターネット対応物件の場合、水道光熱費等入居時に受け取る資料に合わせてインターネット導入の為の資料が添付されていますので、その資料に記載されている業者に連絡することでインターネット契約をすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする